共同作業所はじまりの地 あいちから

★きょうされん第42回全国大会inあいちにご参加・協力いただきありがとうございました。

障害当事者1200名を含む一般参加3200名、ボランティア800名の総勢4000名の参加で盛大に開催されました!(速報・大会アピールはこちらからご覧ください。)

 

★キャスト(要員)参加された皆さんへ

感想用紙の大会事務局ファックス番号に誤りがありました。

正しくは052-681-1190 です。申し訳ありません。よろしくお願いいたします。

 

大会テーマ

つなげよまい 未来へ つながろまい なかまの輪

~共同作業所はじまりの地 あいちから~

 

実行委員長あいさつ 

鈴木清覺(きょうさんれん顧問・ゆたか福祉会理事長)

共同作業所の始まりの地 名古屋での大会にご参加を

 共同作業所関係者のみなさん、全国各地で障害のある仲間のみなさんの願いに応え、「働く」をはじめとした諸権利と生活を守るためのご奮闘ご苦労様です。今年の第42回全国大会は、愛知・名古屋で開催されます。東海4県のきょうされん関係者が力を合わせて大会の成功に向けて準備を進めています。

今大会は、この愛知・名古屋の地で共同作業所が最初に設立されてからちょうど50年目の開催となります。また、全国組織として「きょうされん」がこの地で結成されてから42年目の記念すべき全国大会です。大会のスローガンとして、「つなげよまい 未来へ つながろまい なかまの輪 ~共同作業所はじまりの地 あいちから~」としました。この大会が、障害のある仲間のみなさんと私たちの運動の未来を拓く大会となることを願っています。

 今日の日本と世界の激しい変化は、残念ながら憲法「改正」、沖縄基地問題など、人類が幾多の困難を乗り超えて獲得してきた人権、平和、民主主義の理念とは相いれない方向での動きが強まっています。 私たち「きょうされん」はその出発から障害のある人の働く権利をはじめとした人権と人間的な成長・発達の保障をめざして実践と経営、運動に取り組んできました。この大会をとおして、改めてその原点を全国の仲間と共に学び確認できるものとしていきたいと思います。

 愛知と東海の英知と力を合わせて企画と大会の準備を進めています。

 ぜひ全国から多くのみなさんのご参加を呼びかけます。